ブログ

2022/08/10

【協会員作成レシピ】運動後におすすめのスープレシピ

●運動後におすすめのスープレシピ

運動後の食事のポイントは汗やエネルギーなど身体が失ったものを補い、疲労回復を早める食事をすることです。
また、病気や不調の元となる活性酸素が沢山出ている状態なのでビタミンやフィトケミカルで抑えることも大切です。
そして、極力なるべく早いタイミングで補ってあげること!


~えびと夏野菜の和風スープ~





















エネルギー: 64.2kcal
たんぱく質: 7.86g    
脂質   : 0.45g   
炭水化物 : 8.74g    
塩分相当量: 1.8g
調理時間 : 約10分


🍽材料(2人分)🍽

パプリカ(黄): 60g
パプリカ(オレンジ): 60g ※パプリカの色はお好みで
ズッキーニ :40g
トマト : 1/2個
しめじ :20g(1/6株)
水:400cc
冷凍えび :60g

薄口しょうゆ: 大さじ1
昆布茶: 小さじ1

すりごま: 少々
 

🍳作り方🍳

1. パプリカ、ズッキーニは1㎝角に切る。トマトはくし切りにしてから1.5㎝角の大きさに切る。しめじは手でほぐす。
2.鍋に水とエビを入れてから火をつける。沸騰したら火を弱めて灰汁を取り、①と薄口醤油と昆布茶を入れて軽く火を通す。
3.器に盛り、すりごまを軽く振りかける。
※今回は温かいスープの作り方ですが、これからの季節は冷蔵庫で冷やすことで、食欲不振の時などにおすすめです!
 

💡栄養学コメント💡

昆布茶を使ったカンタンお手軽なスープです。
昆布出汁はペプチドやアミノ酸が豊富で、これらはたんぱく質が細かく分解されたものであるためにカラダに吸収されやすいので、疲労回復期に適したスープと言えるでしょう。
昆布と相性の良いトマトを使い、抗酸化力の強い夏野菜を使いました。
夏野菜はビタミンB群が豊富なので、疲労回復を早めてくれる効果が期待できます。
大葉や生姜、みょうがなど夏の香味野菜も合うと思います。
 

💡運動と食についてのコラムは → こちら ←


このレシピを開発したのは・・・




















伊藤百合子さん
宮城県在住。現役秘書。趣味のテニスをきっかけに食事や栄養に興味を持ち、食の学びを開始。テニスで6年間スポーツ栄養を実践した経験などを活かし、食生活デザインコーチとしてスポーツ競技力アップや健康のため子供の成長のための食生活改善サポートをしている。また、プロコーチとしても活動中。キーワードは“バランス”。バランス感覚、安定感、柔軟性が強みであり、その人が持つ個性を背景を大切にサポートを行っている。フィットネスフードデザイナー、アスリートフードマイスター1級、等。
https://bstyle-miyagi.com/